インナーチャイルドとは

インナーチャイルドとは和訳すると'内なる子ども' 。

自分の中に存在している『子どもの頃の自分』を言います。

心理学的には‘幼少期のトラウマ(心的外傷)’のことを指すことが多く、

生い立ちの中で受けた心の傷が潜在的に残っていて、後の人生に支障をきたすことを意味しています。

例えばこんなことはないでしょうか?


人と接するのが苦手、自信が持てない、人の目が気になる、子育てがつらい、

自己否定や自己嫌悪、自分を責めてしまう、イライラや怒りが湧いてきて困る、など。

これは今に始まっているわけでなく、過去を遡って見ていくと必ず原因となった出来事が出てきます。

その時に抑えてしまった感情、想いが取り残されているのです。


悩みの根源はインナーチャイルドにある・ということ。

そこに気づけるとその頃の自分が癒され、同時に今の自分も軽くなっていきます。

自分や人に対する見方が変わり、物事の捉え方も変わるでしょう。

インナーチャイルドが癒えると人間関係やあらゆることが改善されるのです。

また、インナーチャイルドは育った環境で大きく左右されることから 子育て論にも繋がっています。

子育て中の方に特に知っていただきたい事象です。 (魂カウンセラー 飯山 ゆみ)